セルフ式ガソリンスタンド 注意点

買い換えた際や、乗り慣れない車にも注意!

1998年の消防法改正で規制緩和された事により、
セルフ式のガソリンスタンドが解禁となりました。
それ以後、着実に件数を伸ばし、
フルサービスのお店は減少の一途をたどっています。

 

ただ、実際に利用したことがないという人も案外多くいます。
また、利用経験者であっても、自分の車を買い換えたばかりの時や
代車、他人の車、業務用車両を運転する時は、
セルフ式ガソリンスタンドの給油の仕方に注意をしてください。
毎年のように、ガソリンと軽油を間違えるというようなことが報道されていますが、
普段使わない車に乗るとうっかり、違う燃料を入れてしまうことがあります。

 

特にガソリン車とディーゼル車両方のモデルがある車は注意が必要です。
たとえば「エクストレイル」「CX−5」等は有名です。
ガソリンとハイオクに関してはトヨタ車種で間違ってしまうことが多いようで、
パッとみてハイオク車であると思っていても、
実は5ナンバー車種であったというような根本的間違いも少なからずあります。

 

その他、乗りなれない車の基本的なこととして、給油口が左右どちらかを確認し、
その開け方も事前に試してみておくことも必要です。
エンジンをストップさせることも忘れないように。

 

また、最近セルフのガソリンスタンドで、車内だからいいだろうと、
タバコを吸っている人がいますが、
これは給油の仕方としては非常に危険ですからやめてください。
人がいるスタンドであれば注意されますが、セルフばかり使っている人だと、
普通に喫煙していることがあるので要注意です。
すべてのセルフスタンドに静電気除去シートがついていることからわかるように、
火元になるものには細心の注意が必要です。
また、あまり知られていませんが、
携帯電話の電気的な火花も本来、危険のあるものです。